このアプリでできることは

聴力検査

イヤホン/ヘッドホンがあれば、自分で簡単に聴力検査をすることができます。検査は自動なので、音が聴こえている間ボタンにタッチするだけです。

検査結果

全ての検査結果は自分で入れたメモとともに保管されます。結果一覧からいつでもグラフで確認することができます。

自由音

音の周波数、音量、左右、断続/連続をリアルタイムに変更し、聴こえ具合を確かめることができます。数値で確認する聴力検査とは違い、自分の耳がどのように聞こえるのかをリアルタイムに確認することができます。

  • 医療ソフトではありません

    このアプリケーションは正式な医療ソフトではありません。検査結果の数値精度の保証はできませんので、あくまで個人で参考とする目的のみにご使用ください。また検査結果から自分で病気や障害を判断せず、医療機関にきちんと受診して医師の判断に従ってください。

  • 検査の精度

    このアプリケーションでできる簡易聴力検査の結果は、使用するイヤホン/ヘッドホンの特性、デバイス(iPhone/iPad/iPod touch)の特性、検査時の周囲環境音などに大きく影響を受けます。そのため医療機関で検査するような精度はなく、検査結果の数値の精度は一切保証することができません。

  • 検査のコツ

    より確からしい結果を得るには、次のコツを参考にしてください。以下に示した条件をいつも同じに保てるように検査するのが、より確からしい検査のコツです。

    • 出来る限り静かな環境で検査する
    • ヘッドホン/イヤホンは信頼のできる物を使用
    • 検査時のデバイスのボリュームは毎回同じ(中間値)にする
    • 検査中は音が聴こえている間は、「聴こえている」ボタンをタッチし続け、聴こえなくなったら離すようにする
    • 医療機関での検査結果と比べ、アプリ検査結果の調整レベルを調整して結果を合わせる

  • 自由音について

    このアプリの特徴でもある自由音は、音の周波数(62〜11,313Hz)、音量、左右、断続音/連続音をリアルタイムに変更して、音がどのように耳に感じるのかを確かめることができます。
    この機能は自分が突発性難聴になって単純に聴こえが悪いのとは違う違和感があり、それを確かめるために作りました。そこでわかったことは(自分の耳は)聴こえが悪くなる周波数の周辺ではたとえ聴こえていても、本来とは違う周波数と音色に聞こえていることです。また聴力が低下している周波数では例え検査で聴こえるレベルの音を聴いても正常な音とは違う"刺激"として感じているんだとわかりました。
    これは私の耳の場合で、皆さんそれぞれの感じ方があると思います。新たな発見があるかもしれません。

  • その他
    • 簡易聴力検査、自由音の画面になってからヘッドホン/イヤホンを挿したり抜いたりすると、音が出なくなってしまいます。その場合は初期画面(メニュー)に戻ってヘッドホン/イヤホンを挿してください。
    • ボリュームの調整はイヤホン/ヘッドホンを挿した状態で行ってください。デバイス(iPhone/iPad,iPod touch)は、挿した状態と挿していない状態を別としてボリュームが管理されています。
  • プライバシー・ポリシー
  • サポート

    アプリを購入いただいた方は、Appleのアプリストア「App Store」の該当するアプリのページで、レビューにご意見を書いていただければ他の方も情報共有できていいかと思います。サポート方法については試行錯誤になってしまうかもしれませんが、ご容赦いただけると助かります。
    お問い合わせ先
    E-mail: mail@application-hiroito.squares.net